お休みの訳

いつもvihararemedy をご利用して頂きありがとうございます。

 

現在、サロンお休みさせて頂いてます。

突然で、意外に長くお休みになっているなと感じている方もいらっしゃるのでは?とこちらから理由をお伝えしようと思います。

実家の愛犬が高齢なのもありますが、病気になってしまい、もうあと2、3日かもしれないと言われたので、飛んで帰りました。

私が帰ったから頑張ってくれてるのか、今は毎日通院と介護でどうにか生きています。

でも、日々衰弱して体重も減り、自分では歩けず寝たきりになってしまいました。

その愛犬と最後まで一緒にいたいと思い、帰省しています。犬ごときでと思う人もいるかもしれませんが、大切な家族なのです。

そんなわけで、サロンをお休みしています。

私が、オーストラリアにいた時、今から約16年前、可愛いトイプードルと出会い、日本に連れて帰国しました。

私も初めての試みで、手続き、検疫など何も分からず、ネットも今とは違いダイヤル回線。調べてもあまり役に立ちそうな情報も見つからず、かなり苦労してどうにか手続きして、日本に連れて帰ってきました。

どこに行くのも一緒で、電車に乗ってお出かけしたり、波乗りの時は一緒に連れて車の中や外で待っててもらったり、いつも一緒でした。一人暮らしの時は、10時間以上離れてるとかわいそうだとまっすぐ帰宅したり、シェアハウスにいる時は、長い時間留守だとかわいそうだなと時間があまり長くないアルバイトをしたりと犬と一緒にいることを第一に考えて暮らしている事もありました。

実家でまた暮らすようになった時は、父が犬が好きなので沢山遊んでくれ面倒みてくれたので、安心して仕事もできるようになりました。

年月が経ち、私が四国に移住すると決まった時は、犬はもう14歳。でもまだ元気でしたが、父と仲良しだし、父から犬を離す事も無理だし、高齢犬で環境を変えるのもかわいそうだという事で、実家にお願いして移住しました。

離れ離れの生活、しかし移住先でもトイプードルを2匹パートナーの犬がいたので、寂しさは感じませんでしたが、親から連絡があるといつも犬に何かあったのでは?!とヒヤヒヤしていました。

それが、6月25日に犬が具合が悪いと連絡がきたので、とうとう来たかーとガックリ。

トイプードル平均年齢の中では、高齢の方みたいですが、やはり家族なので苦しそうに寝てたりするのをみると悲しくなります。

犬を迎え入れた時から、覚悟していた事ですが、やはり悲しい。これが嫌でもうペットは飼わないという人もいますよね。

悲しんでると犬が心配するといけないから、笑顔で看病しようと心がけています。

長くなりましたが、そんなわけで、お休みさせて頂いてます。

shantiiiは、営業してますので、もみほぐしやトークセンは、予約できます。

shantiiiは、10時〜17時までの営業です。

また、再開する時はお知らせ致します。

m(_ _)m

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA